CDCサークルCDC東京週末版 > まったく初めて初心者講習会

CDC東京週末版 初心者講習開催情報

  • CDC東京週末版新第26.5期は、2019年1月5日(土)よりまったくの初心者向けに新規開催
    -もちろん期の途中からも新規参加大歓迎です-

    「そうだ!社交ダンスはじめよう!(東京週末版第26期)」
    2019年1月5日(土)~2019年6月29日(土)

  •  CDCは「12種目の社交ダンスダンスに取り組み、3ヶ月で社交ダンスを確実に全種目ダンスパーティーで踊れて楽しめるようになろう!」「6ヶ月で、10ダンスのプチ競技会にも挑戦してみよう!」をテーマにまったくの初心者を対象とした社交ダンスレッスンを開催いたします。
     この機会に、半年間、若者同士でまったくはじめての社交ダンスにチャレンジし、なんとかパーティーで、楽しく踊れるようになってみませんか?
  • ※CDC東京週末版第26期参加お申込み、ただいま受付中です。
    お申込み状況:【12/07(金)09:14現在】05名
    (男性:00・女性05) 平均年齢:26.4歳(23歳~34歳)
    年齢制限35歳以下(1983年1月1日以降の生まれ)厳守です。ご理解の程よろしくお願いいたしますm(__)m
    ※現在のCDC参加メンバーのみなさんは、そのまま同じように継続できますので申込みなどはもちろん一切不要です。
    ※これまでにCDC第1期~25期までに参加した事がある方で途中から来れなくなってしまった方でも、1983年1月1日以降の生まれでしたら、再チャレンジ大歓迎です♪
  • 第26.5期の詳細お申込み 第25.5期スケジュール

CDC東京週末版 初心者講座の詳細

★「そうだ!社交ダンスはじめよう!」★

-なんちゃってダンスでいい、とにかくすぐにダンスパーティーや競技会で踊れるようになりたいのさ-


 これまで「社交ダンスを一度やってみたいと思うのだけど、なかなかタイミングやきっかけがつかめない」また「社交ダンスをはじめたのはいいけれど、たくさんの種目を踊れるようになるにはすごい時間がかかりそうで、私にはとても無理だわ」などという声は、よく聞くものです。

 実際、今の日本では"Shall we Dance?" のように、楽しく社交ダンスが踊れるようになるための機会にはあまり恵まれていないのが現状です。その上「若者向け・若い人対象」となると、さらに機会が限定されてしまっているのが今の状況なのです。

 例えば「はじめてみたい!」と思ってダンススクール・ダンス教室へ行ってみても、高いレッスン料におじけずいてしまったり、近くのサークルに行ってみても、高齢者ばかりで雰囲気になじめなかったり、みんな踊れているのに自分1人だけポツンと浮いてしまう寂しさも感じてしまうことがあるものです。

 せっかくテレビでは、 「テレビアニメ ボールルームへようこそ」「金スマのキンタロー。さん、ロペスさん、市來怜奈さん、山本アナウンサー」「ウリナリ」、「背すじをピン!と」などのマンガ、そして社交ダンスを題材にしたさまざま映画などで、「私も一度はじめてみたい!」と感じる方はたくさんいると思うのですが、このような環境の中ではじめる「場」がないことにはどうしようもありません。

 そこでCDCでは、そのように興味があるけど「はじめよう!」という一歩がなかなか踏み出せない若い人たちのために、6ヶ月間集中のダンスレッスンを開催することにしました。そんな「はじめてみたいけど、全く初心者なので、はじめにくい。」と感じていた方達に、場を提供し少しでも上達に貢献していきたいという思いからです。

 CDCの社交ダンス初心者講習は、10年以上の実績・信頼を伴う「まったくのはじめての初心者が、たった半年で10ダンス全てが最速で踊れてしまう」メニューを持つ、独創的な一回多種目制の本格的な初心者講座です。

 目指す目的は「3ヶ月間で社交ダンスをパーティーでもなんとか楽しめるようになるところまで上達、6ヶ月間でサークル競技会や草の根競技会にチャレンジするのだ!」です。

 みなさまのお申し込み/ご参加を心よりお待ちしております♪


◆サークル名

CDC東京週末版土曜日【第26.5期】(毎週土曜日@東京都千代田区)

◆開催期間

■2019年1月5日(土)~2019年6月29日(土)の全25回

◆会場

・主に以下の2会場で開催予定 ※週により、変わりますm(__)m

■神田さくら館 1F多目的ホール
(JR『神田駅』より徒歩約5分)

■昌平童夢館 2F多目的ホール
(JR『秋葉原駅』か『御茶ノ水駅』より徒歩5分)

◆開催時間

■毎週土曜日の夜18:25~20:40
・18:00~ 入場・自主練可能
・18:10~ もし希望者が4人以上集まったら、疲れない程度の、復習会・初心者講習を中心に軽く練習
・18:25~18:30 はじめのストレッチ
・1種目目(ステップ主体レッスン): 18:30~18:50
・2種目目(ステップ主体レッスン): 18:50~19:10
・3種目目(ステップ主体レッスン): 19:10~19:30
・5分間休憩: 19:30~19:35
・4種目目(ステップ主体レッスン): 19:35~19:55
・5種目目(ステップ主体レッスン): 19:55~20:15
・予備の時間 : 20:15~20:30
・終わりのストレッチ: 20:30~20:35
・20:35~: 後片付け・着替え
・20:50頃 退出

◆テーマ

■「3ヶ月で、たくさんの種目をダンスパーティーでなんとか楽しめるようになろう!」
■「6ヶ月でなんとか12種目を踊れるようになり、社交ダンス競技会『CDC教育カップ』『ヤングサークル10ダンス選手権』『オープンサークル10ダンス選手権』『練習着10ダンス競技会』などの、草の根サークル競技会にも果敢にチャレンジしてみよう!」

◆目的

○まったくのダンス初心者の若者が3ヶ月間でダンスパーティーで楽しめるようになってもらい、社交ダンスの楽しさを体験してもらう。
○6ヶ月で12種目を踊れるようになり、CDC教育カップ・ヤングサークル10ダンス選手権などにも全種目挑戦できるようになる。

◆CDCで社交ダンスをはじめる価値(バリュー)

○CDC週末版の1回5種目制という、日本唯一のCDCメソッドにより、社交ダンス10ダンス全体を一緒に上達していく方法で社交ダンスを学んでいきますので、社交ダンス10ダンスを踊り、10通りのダンスを演じることでの、ボールルームダンス全体の楽しさを感じることができます。
○CDCには「なぜ10ダンス全部を一緒に学び、それをどう活用して楽しめるのか?」があります。覚えた10ダンスを『ヤングサークル10ダンス選手権』『CDC教育カップ』『ダンスパーティー』『ダンスホールツアー』『温泉ダンスツアー』などで、全種目/かかる曲全曲で踊ってこそ、社交ダンス全体が見えて、楽しむようになれる所が、社交ダンス教室や社交ダンススクールに無いCDCだけが参加者のみなさまに提供できる価値だと考えています。

◆レッスン内容

 CDCメニューでは、半年間で社交ダンス10ダンス+ブルース、ジルバの合計12種目に取り組みます。
 最初の2ヶ月間で、競技会種目である10ダンスをとりあえずすべて、"だめもと"で体験してもらいます。最初はてんやわんやで全然踊れないと思いますが、まずみなさんの体に「この種目、1度やったことがある」という"体験"を仕込みます。
 スキルというものは、全くやらなければ、いつになっても「0」のままですが、人間の潜在能力は「1」でもこの”体験”を仕込んでおくだけで、日常生活において体の中で自然にイメージトレーニングが行われます。これで2回目からの上達力がぜんぜん違ってきます。
 簡単でも難しくても、まずは踊ってみないと、いつまで経っても、ゼロのまま。CDCは、全種目のその第一歩を、みなさんに全力でサポートしています。  そして忘れてしまわない程度に日をおいて2回目、3回目とチャレンジするうちに、体が慣れて少しずつ踊れるようになっていくのを実感できると思います。

 CDCでは、約半年毎に「CDCはじめてのダンスパーティー」を企画していますので、まずダンスパーティーでも踊れるようになる楽しさと喜びを味わってください。  一方で、ヤングサークルのプチ競技会「CDC教育カップ」「ヤングサークル10ダンス選手権」の全10種目になんとか出場できるよう、毎回4種目づつ練習を重ねながらさらに上達をめざしていきます。  最終ゴールは「社交ダンスが、ダンスパーティーで楽しく踊れるようになり、サークルのプチ競技会にもチャレンジしてみること」となります。

 なお、マンボー・ボックスルンバは、パーティーでもほとんど踊らないし、競技種目にもなく、はっきりいって覚えても使う場所がほとんどないため、やりません。


◆参加料金

○サークル通常参加者と全く同等です。
一回一律1500円のみです。
※入会金無料期間中につき、上記の金額のみで参加できます。

◆年齢制限

年齢制限は、35歳以下(1983年1月5日以降に生まれた方)。会場スペースの都合により、男女あわせて合計最大20名程度に限定する。定員になり次第締め切り。
※「1人でも多くの若者のみなさんに社交ダンスの楽しさをぜひ味わっていただきたい」という、CDCの本来の趣旨を改めて再検証した結果、募集締切はしないこと(このまま継続して参加お申込みの受付を続けます)にいたしました。が、会場のスペースなどを考慮して、突然締め切りとなってしまう可能性もございますので、少しでもお早めの参加お申込みをお勧めいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

◆参加の意義

◎若い世代から一度社交ダンスの初歩を体験しておくことで、この先の突然の社交場でのパーティダンスなどにも対応できるようになる。
◎同じ初心者の参加者同士が友達になりながら一緒になって上達を目指していけるので、より楽しく、やる気も出る。
◎35歳以下限定なので「ダンスは好きだけど高齢者の人と踊るのはちょっと苦手」とためらっていた方にも全く心配はいらない。
◎この低料金で6ヶ月間12種目のダンスを学べ、半年でしっかりと10ダンスが踊れるようになり、友達がたくさんでき、さらにみんなで一緒に楽しくパーティーや競技会にも挑戦できるという超お得企画は、ここCDCだけである。

◆キャンセル

 キャンセル料はいただきません。誰にでも突然のお仕事やプライベートなどの事情はあることですからね。でもせっかくの機会ですので、一緒にがんばってみましょう。

よくある質問など

◆よくいただくご質問など

Q. 1日目の初回1500円体験で、実際に一度参加してみてから、続けるかどうかを判断しても大丈夫でしょうか?
A.
もちろん大丈夫です。まず初回を1500円体験で参加していただいて「距離的に自宅や職場から無理なく通えそうか?」「このCDCのメンバー・雰囲気とメニューで3ヶ月もしくは6ヶ月間やっていけそうなのか?」「CDCのみっちり4種目メニューは体力的に大丈夫か?」「毎週木曜は仕事場や学校などからちゃんとうまく逃げ出せそうか(笑)」などを確認していただき、もしOKでしたら、2週目からも一緒にやっていきましょう!
OKじゃない場合、ここで参加を取りやめていただいて全く問題ありません。その際の以後の参加キャンセル連絡等も一切ご不要です。

Q. 以前より社交ダンスに興味がありましたが、知識もなく全くの初心者ですが大丈夫でしょうか?
A.
はい。知識などなにもなくても全く大丈夫です。ダンスは体で覚えるものです。それに、みんな同じ初心者です。一緒に上達を目指してがんばりましょう!
 ただ1点だけ、1回目にはじめてやる種目は、体がはじめて挑戦しますので、やっぱりなかなか思うように踊れません。これはあたりまえで、誰もがそうです。しかし、1,2週間時間を空けて、2回目、3回目に同じ種目を挑戦してみると、あら不思議! 予想外にも体が自然に適応して踊れるようになっていき、楽しく感じるのを体感できると思います。
 つまり、1回目でぜんぜん踊れないのはあたりまえなので、それで落ち込まないようにしてください。2回目、3回目に踊れる姿を想像して、1回目は気楽に、ある意味"適当に"チャレンジしてみる感覚でトライしてみてくだい♪

Q. 以前別のサークルでレッスンを受けていたのですが、特定の部分の基礎連や話が長く、結局半年では10ダンスをぜんぜん踊れるようにはならず、おまけに先生個人の営利イベントに出演するだけで、チケットノルマを課してきたり、当日タダで手伝いをお願いされたりと、とても不快感がありました。CDCはこの点大丈夫でしょうか?
A.
もちろんまったく心配ありません。CDCは教室主催ではなく、地域の公民館サークルですので、そういったイベントや役割分担などは一切ございませんのでどうぞご安心ください。
 また、正直CDC以外ではじめて、半年で10ダンスを踊れるようになることは、残念ながらほぼ不可能です。1回で、1,2種目だけでは、時間的/スケジュール的に無理だからです。
 でも、CDCメニューは、半年あれば確実に10ダンスが踊れて、パーティーやダンスホール、サークル競技会、温泉ツアーで楽しめるようになりますので、どうぞご期待ください。
 学連経験者じゃなく、まったくのはじめてから社交ダンスをはじめた方が、全種目踊れるようになり、サークル競技会で楽しみ、その先も社交ダンスを続けている数も、CDC出身者は圧倒的に大多数なのです。なぜならCDCで社交ダンスをはじめると、すべてのダンスが確実に踊れるように育つからなのです。

Q. はじめるにあたって必ず準備したほうがよいものはありますか?
A.
特にありませんので、動きやすい服装でおこしください。

Q. 最初はどのような靴でどのような服装で行けばいいか教えてください。
A.
服装:動き易ければ何でもOKです。
靴 :少しヒールのあるパンプスかサンダル系が望ましいです。(ミュールは避けて)
また、ソールに厚みの有るものは転び易いので避けて下さい。

Q. 当日の持ち物について教えて頂けますでしょうか?
A.
参加費一回1500円と、ダンスシューズ、体育館シューズなどの「うちばき」、そして水分あった方がベターです。その他は特に何も必要ありません。

Q. みなさんはどんなクツでくるんですか?それと最初の服装ですがやっぱりスカートの方がいいのでしょうか?
A.
靴はサンダルでもパンプスでも十分だと思います。服装ですが、スカートでもパンツでもOKです。 スカートの場合、タイトでないもの。。。フレア、ギャザー等足の開くものが良いです。 パンツの場合はジーンズ等固いものより、柔らかい素材の方がお薦めです。 ついでに、トップスですが、肩や頸が動き易い、カットソーやTシャツが良いかも。 ブラウス等、腕を上げるとスカートやパンツから出てしまいそうなものは避けた方が無難です。同じ理由でワンピースもお薦めしません。

CDC参加者の主な声

◆CDC参加者の声(感想など)

Aさん(20代 女性)より
芸能人社交ダンスをテレビで見て社交ダンスを習いたいと思い、近くの社交ダンスサークルに少しだけ行ってみましたが、年齢層がぜんぜん違ってなじむことができませんでした。ダンススタジオを探していたところ、偶然CDCのサイトを見つけ、すぐに入会を決めました。
実際に行ってみて、同じ年齢の人がいっぱいいて楽しそうに練習している姿を見て感動したことを今でも鮮明に覚えています。それに、毎週ホームページの動画で、どんなステップを練習するのかがサークルに行く前に分かることもCDCのすごいところでした。
おかげさまで、事前に部屋で一人でステップをやってみたりもできたので、たった6ヶ月で10ダンスができるようになりました。 そしてCDCカップにも果敢に挑戦してしまいました。
まったくはじめてからダンスをはじめるみなさん、CDCの1回4種目メニューはどこの教室やスタジオに行くよりも早く10ダンスやブルース、ジルバなどが踊れるようになります。少し自信がついて、ある日近くのヤングサークルに行ってみたらCDCでダンスをはじめた人がたくさんいらっしゃいました。ほんとにすごいサークルだと思います。

Bさん(20代 男性)より
僕はまず早くパーティーで誰とでも社交ダンスを踊れるようになりたいと思い、最初はダンス教室の個人レッスンで習っていました。 3ヶ月で教えてくれたのは、マンボー、ボックスルンバ、ブルース、ボックスワルツの4種目でした。
3ヶ月ほど経ち、ものは試しにと雑誌にあった近くのダンスパーティーに挑戦してみました。でも、この時僕が踊ることができたのは「スローの方がいいんだけどブルースでもいいわよ」と優しく誘ってくれた方との1曲のみでした。あとはずっと座ったまま僕は1時間で会場を去りました。
 ダンス教室のレッスンは「高いだけでダンスパーティーでいろんな人といろんな種目を踊るにはぜんぜん役に立たない」と失望した瞬間でした。マンボーもボックスルンバもボックスワルツもダンスパーティでは誰も踊っていなかったのです。
 だめもとで、ネットで調べてみたところCDCのホームページにたどり着きました。そう、マンボーやボックスルンバみたいなパーティーで全然役に立たないステップを、長々とレッスン受けるのではなく、僕が手っ取り早く学びたかったのはこのCDC動画の基本ステップそのものでした。CDCの基本ステップは、そのままパーティーで使って知らない人と踊っても、すぐに通じるところに偉大さを感じます。これを最初に習っていればパーティーで恥をかくことはなかったと、もっと早くこのサークルを発見すべきだったと後悔しています。
CDCでは、同世代の人とペアーチェンジしながら、簡単なステップで何回も練習できるので、楽しいし「先生としかダンスが踊れない」ということもありません。おかげさまでたった半年で、ダンスもパーティーでも誰とでもほぼ10種目が踊れるようになり、また雰囲気も良く友達もたくさんでき本当に良いサークルに出会うことができたと感謝しています。

Sさん(20代 男性 CDC第2期生)主催の福岡FMDC(現在活動終了しました)より抜粋
・一から正確に教えてくれるダンス教室でじっくりと教わるだけでは、一生かかっても10種目のダンスはおどれるようになりません。
・CDC方式は、初心者であっても、半年で10種目全てのベーシックステップにトライして、とにかく足型を覚えることに焦点をおいて一気に習得していきます。経験者からみると無謀に一見、思えるプログラムですが中野CDC方式は既に実績ある方法で自分で体験済みですので心配にはおよびません。
・プロに教わらないと間違ったことを習い、一生うまく踊れないという人も時々いますが、それは年配の方の話です。柔軟な脳を持つ若い世代は、とにかく先にステップを覚えてしまった方が効率的です。
・当然最初からうまくは踊れませんが、足形さえ覚えていればパーティーでかかる全ての種類の音楽で踊れて圧倒的にダンスが楽しくなります。(逆にいうとワルツしか踊れない人はワルツがかかるのを待つしかないのです。人生待ちぼうけです。)

Sさん(20代 男性 CDC第2期生)の日記より抜粋
今日はサークルで初めてサンバやる人がいるなかでサンバCをした。
これは難しい。だいぶCDC式ステップは高度で無茶なフリだと思ったけど意外と足形は皆できるようになった。難しいといってもベーシックはベーシックなんだなあと人にやらせといて何ですが正直驚きました。
ただ足形をふむだけならベーシックって全部一緒。全部簡単だし難しい。基礎は基礎。ステップを難しくしているのは自分側なのだとおもう。
勉強と全く一緒で一通り網羅して全体(10ダンス)をアバウトにつかむことは本当に大事だと思います。結局ある程度全体像がないと細かい話は頭にはいらない。
ヤング社交ダンスサークルメンバーは若いしどんどん覚えていくので、もっともできる人にあわせてガンガンやっていいと思いこんでます。伝えるべきことはとにかくステップの雰囲気を伝えることで曲にあわせて踊る心地よさまたはチャレンジの場を提供すること。
改めてCDC方式は偉大だと思います。

Hさん(20代 男性)より
私はダンス教室のグループレッスンで1年間習ってからCDCを発見して参加してみました。教室に通ってなくCDCで社交ダンスをはじめて半年たらずの人が、自分よりぜんぜん多くの種目を踊っているのを見てすごい驚きを覚えました。実際にCDCメニューをやってみて最初の3ヶ月間で、ぶっちゃけ教室のグループレッスンで習った1年以上のものを学べています(笑)。
では教室とCDCを両方経験してみて、一体何が違っていたのかな、と考えてみました。
一番大きいのは講習時間1回の長さ(練習できる量)が全然違うなと思いました。教室のグループレッスンの場合、1週間に1回50分たらずとかなり短いです。20代の私にとりましては「もうおしまい?」という消化不良の気持ちにいつもなりました。そして、この時間だとやっぱり1種目が限界です。また、最初はマンボーやボックスルンバのような種目もやりますので、これで10ダンスすべてを踊れるようになるのには、何年もの途方な時間がかかります。といいますか、教室のグループレッスンで10ダンスすべてをやっているところが、ほとんどといってよいほどないので、不可能に近いです。
また、せっかく少し踊れるようになっても、その後違う種目に入り半年以上全く踊らなかったら、実にすっかりと忘れてしまいました。この「非効率的なサイクル」で、たくさんの種目がなかなか身についてこなかったのです。
それが、会費が教室の半分以下のサークルCDCは、1回2時間ちょっとの時間で、4種目を練習します。体力的には少しキツいですが、レッスンを短めに踊りこみを長めにとるスタンスであり、毎週バラバラな4種目をやっていくことで、以前やった種目のリズム・感覚をすっかり忘れることなくどんどん"身に"ついてきます。私はこのレッスン時間的要素・構成的要素が一番大きいな、と感じています。
また、プログラムの速度も違うなと思いました。CDCは「半年でこれだけの種目・ステップを、とにかくやってみよう」と最初に動画で目標を示していますので、簡単に予習・復習ができますし、さらに参加者が普通の年齢層よりも若いので、どんどん進めます。私の通った教室グループレッスンの場合、高い年齢層からか、もしくは「あまりレッスンを早く進めずに少しでも長く教室に通ってもらおう」という作戦からか、なかなか新しいステップに進んでいかない、もどかしさも感じました。
ダンス教室に通っていた当時、よく言われた「サークルでダンスをやると変なクセがついて上手くならない」というのが、私のためでなく、ただ教室自身の営業のために使われていた言葉だということも、CDCに参加してみてやっと気づきました。それを理由に「他サークル・ダンススタジオへの入会・参加禁止」とも言われましたが、今考えてみると「そんなこと基本生徒個々の自由であって、ダンス教室自身が、ただ生徒を長く囲い込みたかっただけで、結果上達も遅らせられてたんだ。」と本当におかしな話だったなぁとつくづく感じています。
普通の高齢者主体の公民館サークルはどうか知りませんが、ヤングサークルの場合、若さと練習量、周りの環境などでみんなすごい速度でどんどん上手くなっているのです。実際、ダンス教室グループレッスンで社交ダンスをはじめて1年の方と、CDCではじめて1年の方を比べてみて、一目瞭然でした。
ダンス教室の初級向けグループレッスンでは、本当にダンス歴1年未満の初級者の方だけしかいませんでしたが、ヤング社交ダンスサークルの参加者には幅があり、アルファベット級の現役競技選手も頻繁に参加しますので、サークルではペアーチェンジによって何回かは実際に組んで練習することができるのです。こんな貴重な感覚を得ることができるのもヤングサークルならではだと思います。
私が気づいたサークルCDCレッスンと教室グループレッスンの違いと感想はこんなところです。

Cさん(20代 女性)より
わたしは前から社交ダンスに興味がありました。テレビや映画で観て、ぜひとも踊れるようになりたいと思っていました。近くのダンス教室に見学に行ったり、近くのサークルに体験に行ったりしたのです。
でも教室はやっぱり値段が高すぎて、ずっと続けるのは無理でした。
サークルは会費は安いのですが、みんな上手すぎてわたしなんかはぜんぜんついていけるレベルではありませんでした。そんな時、CDCをインターネットで発見して、これなら続けられそうと思ったのです。>br />年齢も同じくらいの人が集まっているし、初歩から教えてもらえるので、ついていけなくておもしろくなくなるということがないのが安心です。

Dさん(20代 女性)より
私は、うっちゃんなんちゃんの社交ダンスの番組を見て、ずっと社交ダンスを習いたいなぁ・・・と思っていました。しかし、ダンス教室のレッスン料は高く、ダンスサークルに行っても、みんなについていける自信がない・・・。
やっぱり無理かな(><)とあきらめかけていた矢先、 shall we dance?のハリウッド版の映画を見に行き、やぱり踊りたい!!と思い、インタ-ネットで検索していたところ、「そうだ社交ダンス始めよう」とういう企画に出会い、これだ!!と、受講を申し込みました。
今は、受講を始めて一ヶ月ほどですが、木曜が楽しみでなりません。仲間もたくさんできたし、毎週少しづつ、いろんな種目を習い、覚えていくのがとてもうれしいです。ダンスパーティーの参加など、未知の体験もしました。これからも、仲間たちと一緒にダンスを楽しみたいと思います(~o~)

Eさん(20代 女性)より
昔から社会人になったら社交ダンスを習おうって思っていました。それは母さんが習ってたこともあり、ウリナリを見たせいもありだと思います。なかなか機会が作れず今になってしまっていました。
会社にフラメンコを習ってる人がいてその人が背筋がピンとしていてスタイルがよくてすごくステキであたしも彼女のようになりたいって思っていました。
そこに映画「Shall we dance?」が公開されてこれはもう習いだすのは今しかない!って思って始まりました。
習いだしたほんとの最初はバタバタしてるだけで「本当に踊れてるのかなぁ」って不安でした。けど今は踊れてなくても体を動かすことが気持ちよくてみんなに会うのが楽しみで通っています。
ダンスに関しては・・・う~ん・・。ぶっちゃけ難しくてもう1/3は終わってるのに踊れてない自分を見ると3ヶ月で踊れるようには絶対なれないと思っています。それは教え方がどうこうってことじゃなくて自分の問題です。
でもやっぱり上手に踊りたいから、もっと長い間練習して時間をかけてうまくなりたいって思います。それが確認できる半年間なんですかね。お試し期間みたくいいですよね☆

Fさん(20代 女性)より
・私は全くダンスをしたことがなかったので、最初は本当に不安でした。
でも、基礎から丁寧に教えてもらえたので、抵抗なく踊ることができました。
・初心者の同期のみんなとも、飲みに行ったり、ダンスパーティに参加したりして、とても楽しく過ごしています。
・今では、みんなで、「もっと踊れるようになりたいね!」と、励ましあいながらがんばっています。

Gさん(20代 女性)より
私がダンスに興味を持ったきっかけは、学校の授業で習って楽しかったこと、それと、母が宝塚ファンだったので宝塚の舞台の綺麗なデュエットダンスを観て憧れていたことです。
敷居が高いイメージがあって始めるのをずっと躊躇っていたのですが、このHPの『そうだ! 社交ダンスを始めよう!』企画を見つけてこんなものがあったんだ!と嬉しくて、思い切って申し込んでみました。
始めてよかったなと思うのは、何よりも『踊る楽しさ』に出逢えたことです。
ステップがなかなか覚えられなくて落ち込んだりもしますが、とにかく踊るのが楽しくて楽しくて仕方ありません…!
同期がいて励ましあえるというのも大きいですし、皆さん優しく教えて下さるのでとても居心地がいいです。
まだ始めたばかりですが、ずっと踊り続けて行けたらな、なんて思っています。

CDC東京週末版 参加お申し込み

◆お申し込み


■2019年1月からの、CDC東京週末版新第26.5期お申込みは、 こちら

2019/1/5(土)~CDC東京週末版第26.5期
初心者講習お申込みフォーム
より、お申し込みくださいませ。
お申込み状況:【12/07(金)09:14現在】05名
(男性:00・女性05) 平均年齢:26.4歳(23歳~34歳)


■現在開催中(2018/12/22まで)の、CDC東京週末版第25.5期参加お申込みは、こちら:

~12/22(土)CDC東京週末版第25.5期
初心者講習お申込みフォーム
より、お申し込みくださいませ。


※申込みの年齢制限は、35歳以下(1983年12月1日以降に生まれた方)厳守です。年を偽ってのお申し込み及びサークルへの参加は、ヤングサークルCDC自体にはもちろん、他の参加者や参加希望者にとりましても大迷惑となりますので、大変申し訳ありませんが絶対にご遠慮ください。
ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。
※別の曜日のCDCに既にお申込みの方、またこれまでにCDCに参加された事のある方は、お申込み不要です。当日参加でそのままご参加できます。CDCは、どの曜日のサークルでも、当日そのまま気楽に参加できますので、気が向いた曜日にお越しくださいませ。

 お問い合わせは 【ヤングサークルCDCへお問い合わせ・ご連絡】 からできます。