第39回日本インターナショナルダンス選手権大会20180610

第39回 日本インターナショナルダンス選手権大会 2018年6月10日(日)

 2018年6月10日(日)、JBDF主催の恒例の武道館競技会である『第39回 日本インターナショナルダンス選手権大会』に、言行ってまいりました。

 といっても、日本武道館に到着したのは、夜18時10分頃。

 そうです。準決勝が始まるちょうど前を見越しての到着でした。

 大会自体は、朝9時より、第一次予選をやっているのですが、ここから見始めると、実に疲れてしまうのです(笑)。

 また、じっくりと事前にタイムテーブルを研究。夕方16:17に本戦プロスタンダード準々決勝が終わり、次の準決勝が始まるのが、なんと2時間後の夜18:17スタートと、2時間も待たなければならないのです。。。

 その間には、最近やるようになった、ゼネラルダンスタイムや、プレミアデモンストレーション(30分)も、あるということで、そこは避けての18時10分到着でした。

 そして、席に着くと、アマとプロの準決勝の熱戦を観戦、そして新鞍組の引退デモンストレーション、決勝インター規定フィガーと、決勝戦と、2時間弱じっくりと楽しみ、20時過ぎに退出となりました。

 やっぱり、武道館での大会は、他の会場よりも、全然違った雰囲気があって、いいですね。

 また来年も、チケットをどこかでがんばって入手して、観戦にいきましょう!

 観戦のみなさま、雨模様の天候の中、大変お疲れ様でした\(^o^)/